ガリガリ君の黒みつきなこもちのカロリーと評判は?

   


1

今回は2017年2月7日発売の「ガリガリくん 黒みつきなこもち」味について紹介したいと思います。

こちらは信玄餅で有名な桔梗屋さんが監修した商品とのことなので、自然と期待は高まります。

まぁ、過去には「ナポリタン味」「コーンポタージュ味」といった、アイスとしてどうなのよ・・・という商品なんかも発売されていましたが・・・今回のガリガリ君はどうなのでしょうか?
私は黒みつとかきなこが大好物なので、発売日に早速買ってきました。

 

ガリガリくん黒みつきなこもちの評判は?

ネット上を探してみると、発売前の評判は「うまいに違いない!」とか

「今回は期待できる!」というものが大半でした。

今回は期待できる!というところに、これまでの積み重ねがこめられているような感じがしますが(苦笑)

そして、発売直後の評判を調べてみても、どこのサイトにも「うますぎる!」みたいな声が多かったです。

 

ただ、私自身、そういった記事を読んでみても、「本当かな~?」という疑問がぬぐえなかったので、実際に食べてみた上での正直な意見をお伝えしたいと思います。

 

ガリガリ君・黒みつきなこもちの味は美味しい?

と、ここまでハードルをあげておいて、おいて拍子抜けかもしれませんが、「普通においしかったです。」

きなこ味のお菓子を食べているなという感覚です。

ただ、一言で言うと信玄餅のようなお餅の味というよりも、
「チロルチョコのきなこもち」とよく似た味だという印象です。

2

見た目もそうですが、匂いもよく似ています。これでなんとなくイメージが伝わればいいのですが。

また、この画像を見ていただければと思いますが、上の部分には「もち菓子」、そこから下の部分には「黒みつソース」が入っています。

ガリガリ

 

なので、食べ始めの部分はもちのようやわらかい食感を、そして食べ進むに連れて、黒みつの甘さも味わえるという感じです。なんだかあまり褒めていないように感じられるかもしれませんが、私は普通に好きだったので、あるうちはリピートして描いたいと思います。

ガリガリ君の黒みつきなこもちのカロリーは?

カロリーはパッケージの裏に記載されています。

3

こちらのガリガリ君は156Kcalだそうです。

せっかくなので、他のガリガリ君のカロリーも比較してみました。

ガリガリ君(ソーダ味) 69Kcal

ガリガリ君(コーラ味) 45Kcal

ガリガリ君(グレープフルーツ味) 47Kcal

ガリガリ君(スイカ味) 63Kcal

ガリガリ君(メロンパン味) 146Kcal

だそうです。

ガリガリ君の黒みつきなこ味の在庫は?

発売日に近所のコンビニをいくつか見てみましたが、「大人気につきどこも在庫切れ!」ということはなさそうでした。どのコンビニのアイスコーナーにも普通に並んでいましたね。

 

ただ、ナポリタン味、コーンポタージュ味、シチュー味と違って、普通においしいので、人気が爆発して売り切れる・・・なんて可能性も考えられるので、注意してください。

 

ガリガリ君 黒みつきなこ味の販売期間は?

ガリガリ君 黒みつきなこ味の明確な販売期間は公式HPや各種プレスリリース等にも記載はされていません。

ですが、2016年11月に発売された「ガリガリ君 メロンパン味」が1月ごろまでの販売ということで、3ヶ月程度だったということを考えると、2〜3ヶ月で無くなってしまう可能性が高いと思いますので、気になる方は早めに食べて置いた方がいいでしょう。

 

ナポリタン味で3億円の損失

ご存知かもしれませんが、ガリガリ君と言えば、これまでにも変な製品を発売していました。

コーンポタージュ、シチュー、ナポリタンどれもアイスとは思えません。

そして、過去のインタビューなんかをみてみると、「安くない授業料を支払って、おいしくないアイスを作ってはいけない」
ということを学んだといったものが出てきます。

ちなみに、ナポリタン味により会社に3億円の損害が出たそうですが、今では持ちネタのようになっている感もありますね苦笑

 

ただ、ペプシコーラなんかも定期的に変な味のものを出しています。

過去には、しそ味とか、あずき味、きゅうり味などのコーラがでていましたね。

あれも「ペプシコーラ自体に注目をしてもらうための広告の一環」と言えるでしょう。ペプシコーラ自体の認知が高まって、そこで通常のコーラの売り上げが伸びるそうです。

あとは、以前高級アイスを販売しているとある会社の方から聞いたことがありますが、定期的にいろんな新味や新製品を出すみたいですが、結局のところ、売れるのは通常ラインナップなんだそうです。

こういう風にどんな商品を取っても、仕掛ける側には狙いがあるということですね。そんな目線から物事を見つめてみるのも面白いかもしれませんね。

まとめ

今回はガリガリ君を取り上げましたが、こういう風に、自分の興味があることや他の人が興味を持ちそうなことをうまく使って、収入を得るなんてこともできます。

自分でメディアを立ち上げて、多くの人が興味を持つことを発信してそこから収入を得たり、ということですね。

詳しくは私のメルマガでも紹介していますので、気になる方はチェックして見てください。

趣味を趣味のままにしておくのはちょっともったいないのではないかなと思います。

 - マーケティング